連携

連携が大切なwebエンジニアの制作現場

Posted on Updated on

webエンジニアの仕事はphpやjava、ruby等の主流なWeb開発言語を用いることによってWebサイトに組み込むプログラムの開発を行うことです。Webサイトの制作は、デザイナーによって考案されたWebサイトのデザインを共通理解としたチームメンバーが、HTMLのコーディングを行うコーダーを中心にして必要となる素材を準備し、統合することによって実現されます。
多くのメンバーがかかわるため、チームを統率する人材としてディレクターがおかれるのが一般的であり、その管理と指示を受けることによってプロジェクトが進行するという形が取られているのが一般的です。

素材を作成する専門家の多くは単独で仕事ができる場合が多いのに対し、webエンジニアは他のメンバーとの連携を取りながら仕事に携わる必要が生じることが多々あります。
これは、制作するプログラムの中にイラストや文章等を取り入れる場合も多いことから、その内容に応じて互いに変更を加えなければならないこともあるからです。

プログラムはWebサイト上に組み込まれることから、コーダーとの打ち合わせは特に重要になるという面があるため、現場によってはコーダーを兼任するwebエンジニアもいます。
求人募集においてHTMLの知識が要求されている場合にはそういった現場であることが多く、コーダーとの打ち合わせの苦労がなくなる反面、担わなければならない仕事は多くなります。