Java習得をしたwebエンジニアの不足

Web業界が隆盛してきてからまだ年月が経っていないものの、その必要性の高さから現場での開発や制作においてプログラミングを主に担うwebエンジニアの人口は急増してきています。Web関係の仕事が絡んでいる企業からは頻繁に求人募集が行われていることから、Web業界への参入をキャリアパスとして考えるのはIT系の人材にとって転職もしやすく、安定して仕事をしていくことができる可能性が高い道として有望なものです。

しかし、急激にWeb業界に入ることを求めるエンジニアが増加したこともあって、その絶対数はある程度足りてきている状況もあります。それでもなお求人が絶えないのは、現場で必要とされているwebエンジニアの質が変化してきたためであり、現行で働いている人材以外にも異なるスキルをもつエンジニアの参入が求められているからです。

Web制作や開発に用いられてきた主流な開発言語はPHPであり、その需要は絶えることなく存在しています。
ところが、トレンドとしてより汎用性や将来性が高いJavaの利用が広まってきたため、その習得をしてプログラミングを担えるwebエンジニアの需要が高まっているのです。Web開発言語としてPHPしか学んでこなかった人材が多いことから、JavaエンジニアとしてWeb業界に参入できる人材は少なく、状況として豊富にある求人もJavaの習得をした人材に向けたものがほとんどとなっています。