華やかさの裏でのwebエンジニアの苦悩

webエンジニアは、IT業界の中でもきらびやかな存在だと言えるでしょう。
その仕事はwebサイト上のアプリケーション開発であり、この情報化社会の中でも最先端をいくものです。さらに、自分たちが開発したものがいち早く一般人の手に触れ、ダイレクトな反応が返ってきます。その結果、高評価をもらうことほどうれしいものはないでしょう。もちろん、批判的な意見をもらった時には落ち込んだりもしますが、全く何の反響もない仕事よりはよっぽど励みになるはずです。自分たちのスキルによって社会の未来を切り開いているのだという自負もまた、やりがいの源となるでしょう。

しかしその反面、webエンジニアには一般職では味わうことのない苦悩があります。それは、最先端を走っているがゆえに技術の進歩も半端なく早いということです。数年前に会得したスキルが現在では何の役にも立たなくなったなどということも珍しくはありません。エンジニアは常に技術を積み上げる必要性に迫られています。しかし、ぎっしりと詰まったスケジュールの中で自分のための学習時間を確保するのは困難です。

新しい技術についていけなくなったエンジニアは第一線から退かざるをえません。エンジニアが常に人手不足なのはそんな所にも一因があります。そして、Web系の求人募集は現在でも数多くありますが、その道を選ぶのであれば、今まさに必要とされるスキルなど企業が求めるWebエンジニア像はしっかりと認識しておいた方がよいでしょう。